40代での妊娠出産
40代での高齢妊娠、そして高齢出産について。
女性は何歳まで妊娠可能だと思いますか?理屈で言えば閉経するまで妊娠出産は可能だそうです。ただし、年齢が進むにつれ受精・着床が起こりにくくなるのは事実です。35歳を過ぎてからの出産を『高齢出産』と言います。晩婚化が進んでいる事もあり、出産も遅くなっている訳です。この高齢出産には様々なリスクがあります。

まず第一に妊娠の確率が下がります。その理由は『卵子の老化』です。卵子は精子と違って新しく作る事が出来ないという事を知っていますか?最初から身体の中にある卵子は決まっているので、卵子が悪くなってしまうと元に戻すことも出来ないのです。高齢と共に起こる卵子の老化は避けられないリスクになります。

ですが40代で高齢妊娠・高齢出産を成功させている女性もいます。その人たちにほぼ共通して言える事は『年齢より若く見える』ことです。最近の研究では40歳以上で出産した女性の平均寿命は、それ以外の女性と比べて長い事がわかったそうです。子供のために長生きしようと努力した結果だという解釈もありますが、元から長生きの素質がある人、つまり健康的で若々しい人が高齢でも妊娠する確率が高いのだと思います。元々の遺伝子は変えられませんが、日々の生活を送る上で若さと健康を保とう!という努力は誰でも出来る事だと思うのです。バランスの良い食事・適度な運動・前向きな考えなどの姿勢が大切だと思います。

たとえ40代でも必ず妊娠して出産出来ると信じる気持ちも大切です。不思議なもので心と身体は繋がっているものです。「私はもうダメだろう・・・」と思っている人の所には赤ちゃんはやって来ません。たとえ口ではそう言っても本当の気持ちは「次は私!私の所に赤ちゃんはやってくる!」と言う念じのような気持ちが必要だと思うのです。これは日々妊娠のことばかり考えなさい!という事ではなく、いつかあなたも妊娠するのだから、気楽に生きなさい、ということだと思います。思い悩む事は身体によくないですからね。明るく・楽しく・前向きに、自分を信じて毎日を楽しんで過ごすことが妊娠への第一歩なのではないでしょうか。