二人目が欲しい・・・!

一人目の出産を終えて子育てにも慣れ落ち着いてくると「そろそろ二人目が欲しいな・・」と思うパパママもいるでしょう。

二人目の妊娠は一人目とはどんな違いがあるでしょうか。

まず二人目の妊婦さんは経産婦と呼ばれます。

病院での対応も違います。

二人目の妊娠はつわりが軽いと言う意見がありますが、つわりは人それぞれなので一概に二人目のだからといってつわりが軽いのかと言うとそんな事はないようです。

人によって「一人目はつわりは全くなかったけど二人目の時はつわりが酷かった」と言う人がいれば「一人目は吐きづわりだったけど、二人目は食べつわり」と同じつわりでも症状が違ってくる場合もあるのです。

また一人目より二人目の方が子宮口や産道の開きが早く一般的には経産婦さんの方がお産のスピードが速いと言われています。

分娩時間も初産の時と比べて半分ぐらいの時間で出産を迎える人が多いようです。

私ごとですが・・・一人目は一日半かかり、なかなかお産が進まず本当に大変な思いをしたので二人目は体重管理をしっかりとしてお産に臨みました。

病院の先生には「二人目だからもっと早く進むと思った」と言われましたが、実際は朝に陣痛が来てその日の夜に出産になりました。

自分でももっと早く産まれると思っていたのですが、結構時間がかかったと思いました。

妊娠・出産は人それぞれで個人差が多いものです。

そして何より大きな違いは上の子がいるということです。

妊娠中体調が優れなくても上の子の面倒をみないといけません。

上の子の年齢にもよりますが、まだまだ手がかかる年齢には違いありません。

大変な時は旦那さまや両親に協力してもらって乗り切りましょう。

出産後は更に上の子を中心とした生活を心がけましょう。上の子が「パパとママをとられちゃった・・・」と感じる事がないようたくさんの愛情を持って接してあげましょう。

その愛情を感じることが出来れば上の子も赤ちゃんの事を可愛がってくれる事でしょうし、落ち着いて生活できることと思います。