高齢出産

今は結婚後も仕事を続ける女性が増えています。それとともに出産の高齢化も進み、いわゆる高齢出産、35歳以上の妊娠・出産も珍しくありません。しかし、高齢出産となると母子共にリスクがあると言われています。

まず妊娠力が下がり、妊娠しにくくなります。卵子も老化しますからなかなか受精までたどり着くのが大変になります。高齢出産になるほど妊娠高血圧症(妊娠中毒症)や糖尿病、甲状腺疾患、子宮筋腫などもおこりやすくなると言われています。また高齢での妊娠は自然流産の確率も高くなります。若い人でも10人に1人は経験することであり、とても悲しい事ですが流産を100%防ぐ方法はありません。またダウン症といった染色体異常が起こりやすくなりその原因として全てではありませんが加齢による卵子の老化とも言われているそうです。

このように様々なリスクの中、高齢での妊娠の場合出生前診断を受けるべきか考える人もいるでしょう。出生前診断はいくつかの検査方法がありますが、いずれにしろ染色体の異常を見つける事ができます。検査にはそれなりの費用がかかります。また希望すればだれでも受けられるわけではなく、条件が規定されているので注意が必要です。35歳以上の妊婦の方、夫婦どちらかに染色体異常がある方、先天性異常児の出産経験がある方です。検査が出来る産婦人科も日本医師学会からきちんと認証された大学病院や総合病院など限られています。

出生前診断を受ければ全ての先天異常が見つかるという訳ではないという事も頭に入れて置きましょう。出生前診断を受けるか否かは非常に悩むことと思います。異常がなかった場合でも確実とは言い切れませんし、もし何かしらの異常が出た場合はどうするのか・・そこをきちんと考えなければいけないところではないのでしょうか。納得いくまでご夫婦できちんと話し合うべきだと思います。もし何かしらの障害があると分かった場合はどうするのか、このまま出産するのか、人工中絶をするのかどうするか・・・。

高齢出産はリスクばかりが強調されがちですね。確かにその情報も間違ってはいないのですが高齢出産だからといってマイナスのイメージを持つのもよくありません。きちんと理解した上で授かった命を大切に育み、迎える準備をして楽しいマタニティライフを送って欲しいものです。