夫婦で考える!
赤ちゃんの名前・・・、赤ちゃんが産まれたらまず初めにしなければならない事が赤ちゃんの名前を考えることです。両親から赤ちゃんへ、最初のプレゼントになります。まだお母さんのお腹にいる時期から名前を考えるのも良いでしょう。今はエコーなどでどちらの性別かの判断も早くわかるようになりましたから、赤ちゃんの名前を考えるのも比較的楽なのではないでしょうか。

赤ちゃんがまだお腹の中にいる状態で名前をつける事はいくつかメリットがあります。
まず、パパとママで赤ちゃんについてじっくりと相談する事ができ、また赤ちゃんの誕生をより真剣に考え、親になる自覚も芽生え赤ちゃんに対して愛おしい気持ちが更に強くなる事でしょう。家族の一員としての思いもより深いものになりますね。

赤ちゃんの名前の付け方と考え方

では実際どのように赤ちゃんの名前を考えたら良いでしょう。

  • 両親や祖父母などの名前から1文字もらって赤ちゃんに名付ける。
  • 赤ちゃんの生まれた季節や天候、月、季節の花などから名付ける。
  • 赤ちゃんへの願いや将来への希望などの意味を込めて名付ける。
  • 赤ちゃんが生まれた年の出来事や産まれた場所、思い出の地名などに由来した名前を名付ける。


最近多いキラキラネームと言われるような普通では読みにくい、当て字を使った名前も随分増えています。好きな音の響きやキャラクターの名前などに漢字を当てはめて名付けるという事もあり、賛否両論に分かれるところです。

時代と共に変わるものなのかも知れませんが、子供の名前で親の人柄を判断される場面も少なからず出てくる事でしょう。

赤ちゃんは自分の意思がないうちに両親に付けてもらった名前で生きて行くのです。子供の時代だけでなく、親世代、そしておじいちゃんおばあちゃんになってもその名前であるという事を忘れずに名付けてあげたいものですね。