胎教でお腹の赤ちゃんとコミュニケーション
胎教とはお腹の中の赤ちゃんとお母さんがコミュニケーションを取ることで胎児により良い影響を与えようとする事です。お腹の赤ちゃんの耳の機能は5~7か月に発達すると言われています。このころはママのつわりも落ち着き安定期に入ってる時期ですから、気持ちも穏やかに過ごせることが多いので、胎教を始めるのに適していると思います。では実際にどういった胎教方法が良いのでしょうか?

胎教と聞くと何か特別な事をしなくてはいけないのでは・・・と思う人もいるかもしれませんが、胎教として大切なのはママとお腹の赤ちゃんがコミュニケーションをとることです。お腹をさすりながら話しかける・・・それだって立派なコミュニケーション、胎教なのです。私も妊娠中はよくお腹をさすりながら話しかけたりしたものです。日常生活の挨拶、名前を考えているならその名前を呼ぶことも良いでしょうね。絵本の読み聞かせや音楽を聴くことも良いと言われていますよね。

胎教で何よりも大切なのはママの気持ちが安定している状態で行う事です。いくら胎教が良いといっても『胎教しなくちゃ・・・』という気持ちでやるのと赤ちゃんを愛おしく思いながら胎教するのでは全く意味が違ってしまうものです。ママの気持ちが安定している時はお腹の赤ちゃんも居心地が良い環境にあるのです。ママと赤ちゃんは胎盤を通じてつながっているのですから、ママの気持ちをダイレクトに感じているのです。スゴイですよね。これはパパにはわからないママの特権ではないかと思います。

胎教は早期の脳教育と難しくとらえているママもいるかもしれませんが、一番大切なのはママがリラックスする事でお腹の赤ちゃんへの血流やホルモンバランスを整える事、また母性を育む事です。アレコレ詰め込み過ぎて疲れてしまったり、胎教に追われイライラして気持ちに余裕がなくなってしまっては何の意味もなくなってしまいます。妊娠中はホルモンバランスの乱れや体調の変化などで気分の浮き沈みも多くなりがちなので、胎教を通してママ自身が穏やかに過ごせる時間を作れる時間を持ちましょう。