新しい生命を迎える
女性の社会進出や晩婚化が進み、妊婦さんの5人に1人が高齢出産と言われる35歳以降で初産を迎えています。

高齢出産では赤ちゃんが障害を持って産まれてくる確率が上がると言われています。

なので、高齢出産に該当する年齢の妊婦さんは、妊娠中にお腹の赤ちゃんの奇形や病気、染色体の異常が調べられる羊水検査などの『出生前診断』を考える人も少なくないそうです。

なかでも『羊水検査』は羊水に含まれる赤ちゃんの細胞を直接調べられることから、多く用いられる出生前診断のひとつです。

ただ、羊水検査は少ないながらも流産のリスクがあることや、検査で何かしらの病気や障害が分かった時にどう受け止めるかの問題から、検査を受けるか受けないか、悩む夫婦も多いと思います。なにがあっても受け入れるという覚悟を持って羊水検査に臨む事が必要になってくるのでしょう。

羊水検査は妊娠初期の超音波検査や母体血栓マーカーで染色体の異常が疑われたり、夫婦の両方、もしくは片方が染色体異常の保因者であったり、出産時の母親の年齢が35歳以上の場合などが対象です。

羊水検査でわかる事は赤ちゃんの染色体異常と神経管の形成についてです。染色体異常とは、通常2本1組となった23組46本の染色体が組みを持たず1本だけっだたり、3本1組になっていたり、染色体の一部が切れていたり、ひっくり返っている状態です。

染色体の数や構造から、ダウン症・ターナー症候群・流産や胎内死亡を招く異常の有無が分かります。

また、家系内の遺伝子疾患などがある場合も遺伝の有無を調べられます。その他赤ちゃんの頭と脊髄を形成する神経管を調べることで、下半身の神経麻痺を伴う『二分脊椎』、脳が正常に形成されない『無脳症』の有無もわかります。


羊水検査の方法

では実際に、羊水検査はどのようにして行われるのでしょう。

1.超音波で胎盤や赤ちゃんの位置を確認しできるだけ大きな羊水ポケット(赤ちゃんと子宮の間にある羊水腔のすき間)を探して羊水を抜く場所を決める

2.お腹を消毒し注射器で羊水を採取する

3.羊水から赤ちゃんの細胞を培養し調べる

採取にかかる時間は20秒ほどです。採取後は出血などないか30分程様子を見て、体調に異常がなければ帰宅できます。

検査結果はおよそ2~3週間ほどかかります。検査は保険が効かないため病院によって費用は異なります。

自治体などの助成金もないので全て自己負担になります。

だいたい12~15万円ほどでおこなっている病院が多いようです。

羊水検査の注意点もあります。羊水を採取するには羊膜の中に針を注入するため極まれに子宮内感染、破水、出血、胎児の死亡、母体腸管損傷などを引き起こす場合があります。

また0.3%程の確率で流産に至ることもあります。

羊水検査はかなり高い確率で遺伝子異常の有無が判明しますが、ダウン症において陰性なのに陽性と結果が出てしまう擬陽性の確率が0.6~1.0%、その逆の擬陽性も0.6%といわれ、100%ではありません。

検査結果によって堕胎を考える場合もあれば、人工中絶が可能な妊娠21週に間に合うように検査をしましょう。

妊娠中は様々な不安や心配が尽きません。

知った方が良いのか、知らない方が良いのかはその人それぞれの考えによります。

もし予想していない結果が出て堕胎することにしてもそれは誰も責める事はできないと思います。

産む選択をしたのならばそれなりの覚悟も必要でしょう。

どちらにせよ、自分自身の正直な気持ちと向き合い、またパートナーとよく話し合って後悔のない最善の選択をしてください。