夫婦で考える!
賛否両論さまざまな意見がある『着床前診断』。染色体異常のない赤ちゃんを産みたい、男の子それとも女の子が欲しい・・・など妊娠を希望する女性の間で注目を集めています。

着床前診断とは着床前、つまり妊娠が成立する前の受精卵の段階で検査を行う事です。受精卵は妊娠する前の段階ですでに遺伝子や染色体などの情報を持っています。赤ちゃんの性別、染色体の異常があるかないかなどです。受精卵が着床する事で妊娠が成立しますが、着床する前に診断を行うため『着床前診断』と呼ばれています。

着床前診断で出来る事は、染色体や遺伝子の異常を知る事で事前に流産を防ぐ事ができます。妊娠が成立したものの初期段階で流産してしまう確率は低くありません。その原因の多くが受精卵の染色体異常と言われています。染色体異常があるかないかを判断し、異常のない受精卵を着床させることで流産を防ぐ事が出来るのです。またダウン症なども染色体異常が原因と言われています。妊娠成立後、染色体異常を持った胎児だと判明する事で中絶手術が行われる事は現実としてあります。それを未然に減らすということも持ち合わせています。

また胎児の性別は受精卵の段階で判断する事が技術的には可能です。よって男女の産み分けも着床前診断でわかる検査です。ですが現在のところ着床前診断による男女の産み分けは日本産婦人科学会により国内では禁止されています。受精卵といえども将来は胎児になる大切な命であるにも関わらず、性別で命を選択する事になり兼ねないという理由があるからです。

出生前診断は、胎児になった段階で産むか産まないかのつらい選択を迫られるよりも、受精卵の段階で判断できた方が精神的にも肉体的にも負担が少なくて済むとも言われています。特に何度も流産を繰り返している人、長い間不妊治療中の夫婦にとって意味のある選択肢の一つだといえます。