出産する病院を探す

妊娠がわかってからまず初めにやらなければいけない事が産婦人科探しです。産婦人科は妊婦健診から出産後まで長くお世話になますから通いやすいく自分に合った産婦人科を選ぶことが大切です。とは言っても自分で見つけるにはなかなか難しいと言う人はお友達に聞いたり、インターネットで情報を集めたりしても良いでしょうね。また里帰り出産を希望する人はその手続きをどのようにしたらいいのかなど事前に調べておかなくてはいけません。

産婦人科というのは産科と婦人科を兼ねた科の事です。産科は妊娠・出産・産後に関わる事を専門とし、婦人科は子宮筋腫・子宮頸がん・更年期障害・生理不順など主に婦人科系の病気を扱っています。妊娠する前に一度でも婦人科にお世話になったと言う人もいるかも知れませんね。産婦人科と言っても総合病院の産婦人科、大学病院の産婦人科、産婦人科専門の個人病院やクリニックなど様々な種類があります。また最近では助産院を選ぶ人も多くなってきていると言われています。それぞれの特徴をよく理解した上で納得をして病院を決めると良いでしょう。大切な赤ちゃんとご自身の体の事を安心してお任せしたいですからね。

総合病院や大学病院の産婦人科は出産時に緊急事態が起きてしまった時に、医療設備が充実しているため安心できます。新生児集中室を備えた病院なら誕生後の赤ちゃんに異変が見つかった時も対応してくれます。ただし規模が大きいために待ち時間が長かったり健診の度に先生が違うなどと言う事もあります。

産婦人科専門の小規模な個人病院やクリニックは出産方法を選べたり産後のケアが充実していたりと総合病院とは違った特徴があります。小児科を併設している所では出産後も同じ病院で赤ちゃんの健診や予防接種といった事もでき、かかりつけの病院としてお世話になる事ができるでしょう。また健診から出産・産後にかけても同じ先生に診てもらえるので安心感がありますよね。

助産院とは助産師が介助し出産をする施設です。自然分娩を主としているので妊娠経過が順調な妊婦さんのみの受け入れが多いようです。

私は総合病院の産婦人科にお世話になりましたが、メリットデメリット両面を感じる事がありました。出産は自分が思い描いていた通りに行くとは限りません。わが子が無事に産まれてきてくれれば、そしてもちろんご自身の命が無事であればその病院を選んで正解だという事ではないでしょうか。