ショックだった・・・
うっかり言ってる…?「妊活夫婦」が実際に言われてショックだった言葉というネットニュースを読みました。

避妊をせずに夫婦生活を送っていれば妊娠するものと思っていたのに、なかなか妊娠に至らず妊活に励む夫婦もいることでしょう。そんな夫婦になんとも心無い言葉を言ってしまった経験をお持ちの方はいませんか?言った方はそれほど深い意味もなく言ってしまった言葉かもしれませんが、言われたほうとしては一生・・・と言っても過言ではないくらい傷ついたという夫婦もいるのです。

『子供、まだなの?』
『まだ子供いらないの?』
『早く作った方がいいよ』・・・などなど。

《大きなお世話です!!》と言ってやりたい気持ちになりますね。

妊活の必要なく子供を授かれた人は悪気なくつい言ってしまいそうな言葉ですが、妊活中の人にとっては悪意があるのか?と思ってしまうような言葉の数々ですよね。友達・職場・ご近所など色々な場面で心無い言葉に遭遇してしまうことでしょう。中には自分、もしくは相手側の親などからも言われたことがある人もいるでしょう。デリケートなことだからこそ尚更気を付けてほしい言葉です。

人は言葉を使ってコミュニケーションを取ります。コミュニケーションが上手く取れていればそう大きなすれ違いも起こらないのかなぁと思いますが、自分は良いと思ったことでも相手はそれを不愉快に思うこともあります。

妊活中の人達だけに限ったことではありませんが『自分が言われたらどう思うか?』を常に頭に入れて置くことが人とお付き合いをする上で大切なことなのかなぁと思うのです。

そしてつい言ってしまった言葉で相手を傷つけてしまった時は、心から『ごめんなさい』を言える人でありたいですね。

◆参考記事:exciteニュース
うっかり言ってる…?「妊活夫婦」が実際に言われてショックだった言葉
http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20170511/Bizlady_187647.html



⇒【妊活から出産後まで気になるニュース】トップへ