妊娠超初期症状とは
妊娠初期症状と言う言葉は耳にした事がある人も多いと思いますが『超初期症状』というのがある事を知っている人もいるのではないでしょうか?超初期症状とはどんな変化が起こるのでしょう?

妊娠超初期症状とは生理が遅れて妊娠検査薬で陽性が出る前に感じる身体の変化の事で、この症状は生理予定日の前から現れると言われています。受精してから生理予定日の一週間後位の期間です。その時期の体の変化に気付く事はなかなか難しいかもしれませんね。その後は妊娠初期症状になります。超初期症状とは生理前にも似た症状が起こる事が多く、妊娠が分かった後で『あー、あの時の症状って・・』と思う事があるかも知れません。

具体的な例は腹痛・下腹部痛、頭痛、腰痛、胸が張る、眠気、おりものの変化、基礎体温が高い・・・こうみても生理前に表れる身体の変化とそう変わりないかと思います。しかしこの中で最も信憑性があるものは『基礎体温が高い状態が続く』という事です。妊娠した場合ホルモンの変化によって高温期が続くのです。微熱が続き熱っぽく体がだるいと感じる人も多いのではないでしょうか。ですがこの基礎体温は日頃からきちんと測り、自分の身体のリズムを把握している事が大切です。妊活を始める時にこの基礎体温を測る事はぜひ取り入れて欲しいと思います。

人によって現れる症状にはそれぞれ違いがありますから『○○になったから妊娠している』と言う絶対的な基準はありませんが、ただ妊娠した女性の共通点として「いつもの生理前の症状とは違いがあった」と感じる人が多いみたいです。

先程話した基礎体温もそうですが、日頃から自分自身の生理前の症状がどんなものかを知っておくと良いでしょう。メモを取っておくのも良いですね。

いつもと違う症状があった時はいち早く妊娠に気づく事ができ、色々な行動に気を付ける事が出来るでしょう。

妊娠に限らず自分の身体の事は自分がきちんと分かっていることが何より大切だと思います。