妊娠中の体重管理
妊娠中はお腹に赤ちゃんがいるので体重が増えるのは当然のことです。妊娠すると胎盤が大きくなり羊水で満たされ、胎児がお腹の中で育ちます。また乳房も大きくなり妊娠期の体重増加に関わる全ての事を考えると、8㎏程になると言われています。妊娠期の体重増加は出産し妊娠が終われば徐々元に戻るものですが、必要以上に増えてしまった体重は出産後もなかなか元には戻りません。

では妊娠中はどれ位まで体重の増加が理想的なのでしょうか。妊娠前に痩せ気味の人は12㎏位まで、標準体型の人は10㎏位、肥満気味の人であれば7㎏程度に抑えるようにしましょう。体重の増えすぎは母体にも赤ちゃんにも良くありません。ではなぜ体重増加がそんなにいけないのでしょうか。まず、妊娠高血圧症候群を発症してしまうかもしれないからです。妊娠高血圧症候群とは母体には高血圧・むくみ・尿タンパクなどの症状が出ます。ママだけではなく胎児にも影響を及ぼす可能性があり、早産・子宮内胎児死亡・未熟児・死産などになってしまう原因になるのです。また妊娠糖尿病を発症してしまう可能性もあります。妊娠糖尿病によって巨大児や奇形、低血糖、胎児死亡など胎児に影響が及ぶ可能性があり母体にも羊水異常などのリスクが発生します。

こう見ていくと妊娠中の体重増加は本当に気を付けなければいけないという事がわかると思います。妊娠初期はつわりがあって思うような食事が摂れず一時的に体重が落ちる人もいると思いますが、つわりが治まってからは気を付けて食事を摂らないとあっという間に体重が増えてしまいます。妊娠中は体重が増えやすいので尚更注意が必要です。

私は一人目の妊娠中に20㎏以上の体重増加で健診に行く度に主治医の先生に「体重増えすぎ!」と言われ続けました。いざ出産になった時は太り過ぎのためなかなかお産が進まず1日半も陣痛に苦しみました。とっても大変な思いをしたので2人目は7㎏増でお産に臨みました。1人目よりも時間は半分以下でした。幸い妊娠高血圧症候群にも妊娠糖尿病も発症はしませんでしたが、体重管理がいかに大切かという事がよくわかりました。