早く生まれてこないかな・・・
妊娠中は何かと不安や心配事が尽きません。ましてや初めての妊娠となると尚更でしょう。

今はインターネットで何でも調べる事が出来ますが、やはり納得のいく答えを求めるなら医師に聞きたいと思いますよね。

ですが『妊娠中の医師とのコミュニケーション』についてのアンケート結果では、医師に聞きたかったのに聞けなかった事がある女性が26%もいるそうなのです。

内容は胎児への不安・自分の体調・治療、薬についてなどです。

聞けなかった理由については「医師が多忙そうで申し訳なく思った」で最も多く、次に「診療時間が限られていて質問する時間がなかった」「医師に質問するような内容ではなかった」となり忙しそうな医師に対して自分の悩みや不安を打ち明ける事に妊婦さんが遠慮している事がわかります。

私自身も妊娠中は「こんなこと先生に聞く事じゃないかなぁ・・・」と思い聞けなかった記憶があります。

そういった時は育児雑誌を参考にしたり、母に聞いたりしたものです。

忙しそうな医師に対して申し訳ないと思う気持ちもわからなくもありませんが、自分自身の身体と大切な赤ちゃんの事なので聞きたいことがある時は遠慮しないで聞いてみましょう。

定期検診に行く前には予め質問をメモしておく、助産師さんに聞けることは助産師さんに質問してみるなど、ちょっと工夫してみましょう。

自分が納得いくコミュニケーションをとるために妊婦さん自身にも積極的な姿勢が必要だという事もわかりました。

参考記事
マイナビニュース
:http://news.mynavi.jp/news/2017/04/03/322/


⇒【妊活から出産後まで気になるニュース】トップへ