出産祝い

友人の場合

あなたのお友達が無事に出産。なんとも嬉しい事です。出産祝いを贈ろうと考えた時にそのプレゼントの内容をどうしようかと思いませんか?また友人の場合相場はいくら包めばいいのかあれこれ悩む事と思います。少なすぎる金額では祝福していないようですし、逆に多すぎても相手に気を使わせてしまいます。

出産祝いにはいくら以上なら良いとか、○○円以下なら失礼になる・・・と言う明確な決まりはありません。その決まりがないという事がいくら包むべきか悩んでしまう所なんですけどね・・・自分も出産を経験しているのであればその時に頂いた事を思い出し参考に出来ると思いますが、出産祝いを贈るのが初めての人は全く分からない事と思います。一般的な相場として友人に贈る金額は5千円~1万円と言われています。また友人といってもそこまで親しくない場合、会社の同僚といった場合は何人かで集まって連盟でお祝いするという事が多いです。一人2,3千円ずつ出し合って高額なベビー用品をプレゼントする人たちも増えていると言います。なかなか自分の子供に高額なベビー用品を用意というのは出来ないものですから、それはそれで嬉しいプレゼントになると思います。

お祝いしたい気持ちが強くても適切な金額があるという事も頭に入れておきましょう。大親友の中で合っても現金では1万円を上限にしましょう。それ以上だともらった相手も正直困ってしまう事でしょう。そのワケはいただいたお祝いに対して内祝いと言われる出産祝いのお返しがあります。地域によって異なりますが平均で3分の1ぐらいです。1万円のお祝いをいただいた場合3千円位になりますね。これが現金ならそこからまわせばどうにでもなる事ですが、高額な品物をもらった場合はその友人にかなりの負担がかかってしまう事になります。また先に出産祝いを頂いている場合、その相手に自分も同じ金額をお祝いとして贈らなければなりません。二人目・三人目と子供が出来た場合の事も考えると少し冷静に考えてから金額を決めた方が良いかと思います。

また金銭的に余裕のない社会人1年目の人や学生の人の出産祝いは「お返し無しの3千円」という場合もあるみたいですよ。その場合は相手に『お返しはなしでいいよ』と一言伝えると良いでしょう。言われた方も気持ちが楽ではないでしょうか。しかし「無しでいいと言われても・・」と思う人もいるらしく、そこはその人それぞれの価値観の問題になってしまうのでしょうか・・・

いずれにしても、相手の事を考え気持ちを込めた出産祝いを贈りたいものですね。相手を思い負担にならない金額、品物を選ぶというのも大人のマナーではないでしょうか。


身内の場合

あなたの兄弟・姉妹が出産。自分にとっては甥っ子姪っ子の誕生・・・なんとも感慨深いですよね。そこで気になるのが出産祝いの金額相場ですが、一般的には『5,000円~3万円』のようです。この金額の差はナニ?と思うでしょうが、これは関係性によって相場が違うようです。

(あなたが)20代独身者    5000円~
(あなたが)30代以上の独身者 10000円~
(あたがが)30代以上の既婚者 30000円~

一般的な相場としてこんな感じらしいです。しかし、身内の場合は親族間での最低限のマナーもあるでしょうからその辺りも把握しておくと良いでしょうね。マナーといっても簡単な事で、自分の出産祝いに贈る相手が以前包んでくれた金額、商品と同じ程度にしましょうというものです。これは身内に限らず友人との間でも同じことが言えると思います。

兄弟・姉妹の距離感にもよりますが、仲が良ければ「現金が欲しい!」と相手の要望を聞く事ができるのではないでしょうか。ただ注意しなくてはいけない事は、いくら仲が良い兄弟・姉妹とはいえその配偶者、あなたにとっては義理の兄弟・姉妹がいるという事を忘れてはいけません。あまりの大金も戸惑ってしまいますし、逆に少なすぎても「常識がない子・・・」などと思われてしまうかもしれません。その点には十分気を付けましょうね。




2人目以降の場合

では2人目、3人目の場合の出産祝いはどうしたら良いのでしょうか?2人目以降の出産祝いの相場は1人目と同額にするのが一般的と言われています。1人目や2人目、3人目と差をつけるのは失礼に当たるからです。

親の立場からしたら、1人目2人目、明らかに差があると言うのは気持ちが良いものではないですよね。どちらも大切な自分の子なのですから、金額に差をつけられるのはなんだか悲しいものです。贈る側が経済的にとても厳しい状況ならば仕方ないのかもしれませんが・・・・1人目のお祝いを贈る時に「2人目があるかも知れない・・・」と思って金額を設定するのも良いかもしれませんね。親族だからこそお金関係はきちんとしておいた方が良いのかなぁと思ったりします。


双子の場合

双子の場合、2人分の出産祝いを贈るのがマナーとされています。なので金額は1人分のだいたい「1.5~2倍」が目安です。

現金以外のプレゼントの場合は2人分を贈るのがマナーです。赤ちゃん1人育てるのもなにかと物入りで大変なので、よく使う消耗品のおむつやおしり拭き、スタイや肌着、ガーゼなども喜ばれると思います。身内ならば直接何が欲しいか聞いても良いでしょうね。

かわいい赤ちゃん


男の子の場合

産まれてくる赤ちゃんが男の子とわかっている場合の出産祝いは男の子向けのカラーを選んであげるのがいいでしょう。贈った相手にも喜んでもらえると思いますし、さらに言えば使えるモノならば喜びも倍増です。

男の子カラーと言えばやはり寒色系やナチュラルカラーでしょうか。ブランケットやおくるみなど何枚あっても困らないと思います。出産祝いと言っても今すぐ使えなくても成長してから着れる洋服でも良いですね。

男の子なのでちょっとカッコイイ感じのパンツなども良いですね。早くその洋服を着せて一緒にお出かけ出来るのを待ち遠しく感じるママさんを想像しただけで贈る側としても嬉しくなりますね。


女の子の場合

赤ちゃんが女の子の場合、出産祝いを贈る側も選ぶ品物の幅が広がるのではないでしょうか。女の子の場合洋服ならばパンツもスカートも両方アリですし、レースやフリルなど男の子では着せられないタイプのデザインが多いですよね。

ママさんの好みもありますが、やはり女の子は可愛らしい華やかな感じのものが出産祝いとしても良いでしょう。メインの品がちょっとシンプルかなぁと感じた時はちょっとしたお花を添えるとまた違った感じになって素敵だと思います。

いつもニコニコ赤ちゃん