出産前後の引っ越しのメリット・デメリット
妊娠がわかった後に引越しなくてはならないという事もあると思います。そうなると出産前、出産後どちらにした方が良いのでしょうか?それぞれにメリット・デメリットがあると思うのでベストな時期を選んで引越しをしたいものです。

出産前の引っ越し

出産前の引越しのメリットは何と言っても身動きが取りやすいという事です。赤ちゃんはまだお腹の中ですからね。もちろん無理は禁物ですが簡単な荷造りなど自分で出来る範囲ならしても大丈夫でしょう。また引越しは色々な手続きがあるので、役所などに行くのも行きやすいでしょう。また赤ちゃん用品が少ないので夫婦二人分の荷物で済むのも大きなメリットになります。引越しは荷物の量によって料金が変わってくるので出来る限り少ない方が安く済みます。出産は何かとお金がかかるものなので、抑えられるところは抑えたいものです。

逆に出産前の引越しのデメリットとしては体調が不安定になりがちという事です。安定期に入ってからの引越しが良いと思いますがいくら安定期といってもやはり妊娠中はいつ何が起こるかわかりませんからね。引越しを中断するわけにもいかないのでちょっとでも体調がおかしいと思った時は無理は禁物です。また引越し先の病院にかかる場合は早目に一度その病院に行き、お世話になりたいという事を伝えなければなりません。病院によっては『妊娠○ヶ月までしか受け入れません』と制限してる場合もあるからです。引越したのはいいが出産する病院がないなどという事にならないようにしておきましょう。

出産後の引っ越し

では出産後の引っ越しはどうでしょう。出産後の引っ越しの一番のメリットは産後の体調が不安定な時期を住み慣れた所でゆっくりできるという事です。産後は無理をせずいつでも横になれるようにと病院からも指導されるように安静に出来る環境が大切です。体調が優れなくても赤ちゃんのお世話はしなくてはなりませんから、その時期に引越し後の慣れない生活の中でするのは何かとストレスになると思います。また病院を変える必要がないというのもとても安心できる事だと思います。赤ちゃんとの生活が始まって初めて気付く育児目線での物件探しが出来る部分も産後引っ越しのメリットと言えるのではないでしょうか。

出産後の引越しのデメリットとしてはとしては引越し先での慣れない環境の中で本格的な育児がスタートするということです。ご近所との関係がまだしっかりできていない状態では何かと不安もありますよね。徐々に打ち解けていけるようになるとは思いますが・・・また赤ちゃんを長時間かけて引越し先への移動もデメリットと言えるでしょう。一日だけと言えばそうでしょうが、赤ちゃんにとってもママにとってもとても疲れてしまう事でしょう。

出産後に引越しの場合産後は3ヶ月以降が良いかと思います。赤ちゃんの首も座りますし、ママの体調もほぼ回復しているからです。赤ちゃんの首が座ればおんぶ紐を使ってのおんぶも可能です。。そうなるとママもかなり動ける範囲が広がりますし、引越しの荷造りも可能でしょう。長時間の移動も産後すぐよりは安心していられますしね。

このように、出産前の引っ越しにも出産後の引っ越しにもメリット・デメリットがあるのでそれぞれの家庭の状況に合わせて無理のない範囲でスムーズに引越しが出来ると良いですね。