妊娠がわかり一般的にお腹が目立ち始める4~5ヶ月辺りからマタニティウェアを着始める人が多いようですね。マタニティウェアを着る一番の目的はもちろんお腹の締め付けをなくすためです。妊娠初期はまだマタニティウェアを着る必要はないかと思いますがつわりがひどくてお腹が苦しいと感じる人はマタニティウェアに変えてもいいでしょうね。お腹の大きさや苦しいと感じるのは個人差がありますから、必ずこの時期から着なくてはいけない!といった事はありません。

マタニティウェアもそう長い期間着る物ではありませんから、着る服全てをマタニティで揃える必要はないでしょう。ゆったり着れる洋服なら大丈夫です。手持ちの洋服と相談しながら足りないものだけ買い足していくといいでしょう。

お腹は日に日に大きくなり体重も8~12キロほど増えるわけですから、できるだけ身体に負担がかからず、長く着れる物を選ぶと良いでしょう。マタニティウェアと聞くとワンピースが着やすいかなぁと思いますが、今は機能的なパンツやスカートも数多くあります。パンツやスカートなどは特にお腹周りがきつくならないようにしましょう。妊娠中だけでなく産後も着られるタイプの洋服も重宝するかと思います。産後は1日に10回以上も赤ちゃんに授乳するので授乳兼用タイプの洋服はいいですよね。シャツならばボタンが前開きのものや、スナップで開け閉めできる授乳口付きのものなどあります。

洋服だけでなく、インナーもマタニティ用に変えなくてはいけません。インナーの場合はより気を付けたいとこですね。いつまでも締め付け感のあるものはよくありませんからね。大きくなるお腹やバストに合わせて変えていきましょう。マタニティインナーは大きくて可愛くないからイヤだなぁ・・・と思っている人もいるかも知れませんが、昔と違って今のマタニティインナーはとっても可愛い・・・と私自身感じます。妊娠中でもオシャレを楽しみたいですからね。

妊婦さんでも出来るオシャレはたくさんあります。気持ちがふさぎがちになってしまったらお気に入りのマタニティウェアでちょっと外出してみませんか。ママが気持ち良いとお腹の赤ちゃんも心地よいことでしょう。